山陽新聞デジタル|さんデジ

「令和」記載の免許証交付始まる 県センターで852人受け取り

県運転免許センターの窓口で令和が記載された運転免許証を受け取るドライバー
県運転免許センターの窓口で令和が記載された運転免許証を受け取るドライバー
 新元号「令和」が記載された運転免許証の交付が5日、岡山県運転免許センター(岡山市北区御津中山)で始まり、免許の更新に訪れたドライバー852人が早速、受け取った。

 この日は更新の申請が集中することが予想されたため、通常より30分早い午前7時半に受け付けを開始。講習を済ませたドライバーが窓口を訪れ、有効期限や交付日に「令和」と印字された免許証を渡された。

 倉敷市の自営業男性(44)は「令和と記された免許証が欲しくて先月から更新を待っていた」と話していた。

 県警運転免許課によると、通常の日曜に比べて目立った混雑はなかった。同センターは、連休後最初の平日となる7日と日曜日の12日も午前7時半から申請を受け付ける。

(2019年05月06日 09時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ