山陽新聞デジタル|さんデジ

美咲の“ロケの聖地”看板で案内 柵原ふれあい鉱山公園に設置

柵原ふれあい鉱山公園に設置されたロケ現場を紹介する案内看板
柵原ふれあい鉱山公園に設置されたロケ現場を紹介する案内看板
 “ロケの聖地”訪れて―。岡山県美咲町は多くの映画やドラマ、CMなどの撮影場所となっている柵原ふれあい鉱山公園(同町吉ケ原)に、撮影ポイントを記した案内看板を取り付けた。

 紹介しているのは、菊池桃子さんによるチョコレート菓子のCM(1985年)▽北野武さん監督の映画「アキレスと亀」(2008年)▽玉木宏さん主演のテレビドラマ「砂の器」(11年)▽沢口靖子さん主演のテレビドラマ「科捜研の女」(17年)▽巨匠ジョン・ウー監督と福山雅治さんのコンビで話題となったアクション映画「マンハント」(17年)―の5本。

 看板(縦0・9メートル、横1・8メートル)は2カ所に設置。俳優らが演技をした場所を地図上に記している。今後、作品の内容を紹介するQRコード付きのボードも設置する予定。

 同公園は、1991年に廃止された旧片上鉄道吉ケ原駅舎(国登録有形文化財)を中心に98年にオープン。運転可能な気動車が保存され、現役の鉄道と違ってダイヤを気にせずに撮影できることから、近年、ロケ地として脚光を浴びている。今回の看板にも古い枕木などを支柱として活用した。

 ロケの受け入れを担当する美咲町産業観光課の川島聖史さんは「公園を訪れ、それぞれの物語の名場面を思い出してほしい」と話す。

(2019年05月03日 11時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ