山陽新聞デジタル|さんデジ

和気・藤公園のフジ華やかに咲く 「まつり」27日開幕

花を咲かせ始めた藤公園のフジ
花を咲かせ始めた藤公園のフジ
 国内外のフジ約100種類をそろえた藤公園(岡山県和気町藤野)で、華やかな花が咲き始めた。例年より遅れ気味というが、中国産など早咲き品種は既に見頃。27日には恒例の「藤まつり」(和気町主催)が開幕する。

 園内(約7千平方メートル)には高さ約2・5メートル、幅約7メートル、総延長約500メートルのフジ棚があり、沖縄を除く46都道府県や中国、韓国の約150本が並ぶ。

 町産業振興課によると、多くの品種は「咲き始め」だが、甘い香りに誘われるように多くの家族連れが来園。紫やピンクの花を眺めたり、カメラに収めたりしている。最盛期は30日~5月6日の見込み。

 まつりは5月初旬まで開き、午前8時~午後9時。日没後はフジ棚をライトアップする。飲食物などの出店が並ぶほか、お茶席やピアノ演奏などもある。

 29日は記念イベントを行い、午前9時半から公園の歴史を紹介する記念碑を除幕。同10時半からは町内外のグループによる和太鼓合戦もある。入園料は高校生以上300円、小中学生150円。未就学児は無料。

(2019年04月26日 18時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ