山陽新聞デジタル|さんデジ

平成最後の株取引、48円安 10連休前でリスク回避

 平成最後の取引となった26日、反落した日経平均株価の終値を示すボード=東京・八重洲
 平成最後の取引となった26日、反落した日経平均株価の終値を示すボード=東京・八重洲
 東京証券取引所=東京・日本橋兜町
 東京証券取引所=東京・日本橋兜町
 平成最後の取引となった26日の東京株式市場は、10連休入りで投資リスクを回避する売りが強まり、日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比48円85銭安の2万2258円73銭。東証株価指数(TOPIX)は2・35ポイント安の1617・93。出来高は約13億1800万株。

 平均株価は、昭和最後の取引となった30年前の1989年1月6日の終値3万0209円54銭より2割強低い水準で取引を終えた。89年12月には3万8915円の史上最高値を付けたが、その後のバブル崩壊やリーマン・ショックで2009年3月には平成の最安値7054円まで落ち込んだ。

(2019年04月26日 19時37分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ