山陽新聞デジタル|さんデジ

幻想庭園と烏城灯源郷で試験点灯 春彩る光、26日開幕

後楽園の延養亭を優美に彩ったプロジェクションマッピング
後楽園の延養亭を優美に彩ったプロジェクションマッピング
 岡山市の後楽園と岡山城をライトアップする「春の幻想庭園」「春の烏城灯源郷」が26日開幕する。25日夜、試験点灯があり、両会場が柔らかな明かりに包まれた。

 後楽園では、桃太郎を題材にしたプロジェクションマッピングが延養亭で行われたほか、LED(発光ダイオード)電球や竹灯籠など大小約2900の光で園を彩った。岡山城では、投光器で闇夜に天守閣を浮かび上がらせたり、薄いピンクの桜吹雪を広場に設けた壁に投影したりして幻想的なムードを演出した。

 点灯はいずれも5月6日までの午後6時~9時半(入園・入場は同9時まで)。26日午後6時45分から天守閣前広場でセレモニーが催され、和太鼓演奏やまんじゅうの配布などがある。期間中、後楽園では日本酒バー(5、6日)などのイベントも予定されている。

 入園・入場料が必要。27日と4日は和装で後楽園を訪れると入園が無料になる。

 幻想庭園は岡山県、後楽園魅力向上委員会が主催し、岡山市と山陽新聞社が共催。烏城灯源郷は岡山市、おかやま観光コンベンション協会、山陽新聞社でつくる実行委が主催。

(2019年04月25日 22時44分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ