山陽新聞デジタル|さんデジ

世界初人工クレーター作成に成功 はやぶさ2、画像で確認

 探査機はやぶさ2が25日に撮影した小惑星りゅうぐうの表面の画像(上)。3月22日の画像(下)と比べると、人工クレーターができていることが分かる(JAXAなど提供)
 探査機はやぶさ2が25日に撮影した小惑星りゅうぐうの表面の画像(上)。3月22日の画像(下)と比べると、人工クレーターができていることが分かる(JAXAなど提供)
 はやぶさ2が分離(ぶんり)した装置が、小惑星表面にクレーターをつくる場面の想像(そうぞう)図(JAXA提供)
 はやぶさ2が分離(ぶんり)した装置が、小惑星表面にクレーターをつくる場面の想像(そうぞう)図(JAXA提供)
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、探査機はやぶさ2が小惑星りゅうぐうの表面に金属弾を撃ち込み、クレーターをつくる世界初の実験に成功したと発表した。探査機が上空約1・7キロから撮影した画像にクレーターが写っていた。

 実験前の3月と比較すると、直径10メートル以上の範囲で、くぼみや岩の移動、地下にあった岩の露出とみられる地形の変化が確認できた。周囲の約40メートルにわたり、色が暗くなった部分もあった。着弾で飛び散った破片が降り積もった可能性がある。

 探査の目的は、太陽系の歴史を探るため、昔の物質をとどめる小惑星の岩石を地球に持ち帰ることだ。

(2019年04月25日 20時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ