山陽新聞デジタル|さんデジ

電話で警察官かたりカード詐取 矢掛の女性被害、県警が注意

岡山県警本部
岡山県警本部
 岡山県警は24日、警察官をかたる不審電話が23日に岡山県矢掛町と井原市で少なくとも計3件相次ぎ、うち1件でキャッシュカードをだまし取られて多額の現金を引き出される被害が発生したと発表した。窃盗容疑で捜査するとともに、注意を呼び掛けている。

 県警によると、被害に遭ったのは矢掛町の70代女性。23日正午ごろ、県警の警察官をかたる男から「詐欺犯人のリストにあなたの家のことが載っている。金融庁の人が行くのでキャッシュカードと暗証番号を準備するように」と電話があり、訪ねてきた金融庁職員をかたる男にカードを渡したところ、現金を引き出された。

 井原市でも同じころ、いずれも高齢者宅に同様の不審電話が2件あったという。

 県警生活安全企画課は「警察官や金融庁職員が自宅を訪ね、通帳やカードを預かることはない。1人で判断せず、警察などに相談してほしい」としている。

(2019年04月24日 21時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ