山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山東署で取り締まり部隊出発式 10連休の事故防止へ警戒強める

交通死亡事故の多発を受け、岡山東署で行われた特別取り締まり部隊の出発式
交通死亡事故の多発を受け、岡山東署で行われた特別取り締まり部隊の出発式
 岡山東署(岡山市東区西大寺中野)は23日、管内での交通死亡事故の多発を受け、同署で特別取り締まり部隊の出発式を行った。皇位継承に伴う初の10連休で交通量の増加が見込まれる中、事故防止に目を光らせ、ドライバーのマナーアップを呼び掛ける。

 式では、伴正一署長が署員ら約20人を前に「大型連休で車や人の流入が増える。迅速で的確な取り締まりを行い、緊張感を維持してほしい」と訓示。パトカーや白バイが早速、管内のパトロールに向かった。

 同署管内では今年に入り、死亡事故が22日現在で3件発生し、3人が死亡。既に昨年1年の死者数と並んでおり、過去10年で最悪のペースという。

 市内では、岡山中央署と岡山西署も25日、交通事故や犯罪抑止に向けた取り締まりや啓発イベントを行う。

(2019年04月23日 18時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ