山陽新聞デジタル|さんデジ

村上さん、玉野市議選で初陣飾る 医療介護から市政に活躍の場移す

初当選し支持者と握手を交わす村上さん(右)
初当選し支持者と握手を交わす村上さん(右)
 21日の玉野市議選では、無所属新人の村上光江さん(66)が初陣を飾った。

 午後9時すぎ、同市長尾の事務所に当選の一報が入ると、集まった支持者約100人から「よかった」「おめでとう」などと歓声が上がった。同級生や孫らから花束を受け取り、万歳した村上さんは「皆さんのおかげで当選でき、私は幸せ者」と感謝。長年、玉野市民病院に看護師として勤めた経験を踏まえ、「医療介護に携わる中でたくさんの問題を見てきて玉野市の未来に不安を感じ、1年前に立候補を決意した。大好きな玉野で市民が安心して生き生きと暮らせるよう、市政の場で活躍していきたい」と決意を述べた。

 地元住民や同級生を中心とした選挙戦を展開。在宅医療の体制整備など医療福祉の充実を訴え、女性や高齢者ら幅広い層から票を集めた。

(2019年04月22日 01時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ