山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷のごみ捨て、アプリで確認を 市が配信、収集日などが検索可

ごみの分別方法や収集日などが確認できるアプリの画面
ごみの分別方法や収集日などが確認できるアプリの画面
 倉敷市は、ごみの分別方法や収集日などをスマートフォンやタブレット端末で確認できる無料アプリの配信を始めた。普及が進むスマホの活用により、若者など幅広い市民への啓発につなげる。

 アプリは、大阪市の企業が開発した「さんあ~る」。アプリ名を検索するか、市一般廃棄物対策課のホームページに掲載しているQRコードからインストールする。無料だが通信料は必要。

 アプリをダウンロードし、住まい地域を登録すると、ごみの品目名から分別方法が検索できるほか、ごみの分け方や出し方、持ち込み施設などが確認できる。可燃、資源、埋立ごみの収集日をアプリに備えたカレンダーに表示する機能もあり、出し忘れを防ぐための通知設定もできる。ごみやリサイクルに関するクイズもある。

 市一般廃棄物対策課は「分別促進など円滑なごみ出しをサポートし、減量や排出マナーの向上につなげたい」としている。

 問い合わせは同課(086―426―3375)。

(2019年04月21日 18時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ