山陽新聞デジタル|さんデジ

穀雨、岡山県内少しひんやり 王子が岳ではツツジ見頃に

王子が岳の散策コース沿いで鮮やかに咲き誇るツツジ=20日午前9時33分
王子が岳の散策コース沿いで鮮やかに咲き誇るツツジ=20日午前9時33分
 20日は二十四節気の一つ「穀雨」。田畑を潤す春雨が降るころとされるが、岡山県内は高気圧に覆われて晴れ、地表の熱が奪われる放射冷却の影響で少しひんやりした朝となった。

 朝の最低気温は、津山市3・6度(平年6・8度)岡山市中心部7・4度(10・5度)倉敷市8・1度(9・3度)玉野市10・3度(10・3度)―など。玉野市を除く15観測地点で平年を1~5度ほど下回った。

 玉野、倉敷市境付近にあり、瀬戸内海を見下ろす王子が岳の散策コース沿いでは、見頃を迎えたツツジが青い空や海と鮮やかなコントラストを見せていた。

 岡山地方気象台は「向こう1週間の県内の気温は平年並みか平年より高くなりそう」と予報している。

(2019年04月20日 12時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ