山陽新聞デジタル|さんデジ

全盲セーラー、太平洋横断 福島に到着、「世界初」

 米国西海岸から小型ヨットで太平洋を横断し、小名浜港に到着した岩本光弘さん。右は同乗した米国人男性=20日午前9時すぎ、福島県いわき市
 米国西海岸から小型ヨットで太平洋を横断し、小名浜港に到着した岩本光弘さん。右は同乗した米国人男性=20日午前9時すぎ、福島県いわき市
 福島県いわき市・小名浜港、米国サンディエゴ
 福島県いわき市・小名浜港、米国サンディエゴ
 小型ヨットで米国西海岸から太平洋横断に挑戦した全盲のセーラー岩本光弘さん(52)が20日、ゴールの福島県いわき市の小名浜港に到着した。2月24日に米サンディエゴを出港し、健常者の米国人男性とペアで全長約12メートルの「ドリームウィーバー号」を操作して無寄港で約1万4千キロを航行してきた。

 日本視覚障害者セーリング協会によると、晴眼者(目の見える人)が風の向きなど状況を伝えながら、全盲の人がヨットのかじと帆を操る「ブラインドセーリング」での無寄港太平洋横断は世界初という。

 岩本さんは20日午前9時ごろ「ただいま。ありがとう」と手を振りながら入港した。

(2019年04月20日 11時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ