山陽新聞デジタル|さんデジ

西大寺マラソンに4007人出場 21日、コース一帯を交通規制

西大寺マラソンに4007人出場 21日、コース一帯を交通規制
 岡山市東区西大寺地区の名所を巡るコースで市民ランナーらが健脚を競う「おかやま西大寺マラソン大会」(岡山商工会議所などでつくる実行委員会主催)が21日、西大寺緑花公園・百花プラザ(同西大寺南)を発着点に開かれる。過去最多の4007人が、10キロと3キロの2部門に分かれて出場する。

 2部門とも、裸祭り・西大寺会陽の舞台となる西大寺観音院や、昭和初期の町並みが残る五福通りなどを駆け抜ける。10キロの完走者のうち抽選で10人を、11月10日のおかやまマラソンに招待する。

 出発時間は、中学生以上が走る3キロA(480人)が午前8時20分、小学生やファミリーらが対象の3キロB(1433人)が同8時50分、高校生以上の10キロ(2094人)が同9時40分。コース一帯は同7時50分~午後0時半まで車両の交通規制=地図=が行われ、ランナー通過後に順次解除される。

 西大寺緑花公園内の広場では西大寺高ダンス部や市消防音楽隊などがパフォーマンスを披露するほか、ラーメンやカレーの約20店が並ぶ。

(2019年04月20日 14時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ