山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁で最高25.5度「夏日」 岡山や真庭も、19年で初

 岡山県内は18日、高気圧に覆われて、南西から暖かい空気が入った影響で気温が上昇。岡山、高梁、真庭市では最高気温が25度を超え、今年初めての「夏日」となった。

 各地の最高気温は高梁市25・5度、真庭市久世25・2度、岡山市中心部25・0度、津山市24・9度、和気町24・5度、新見市千屋24・3度など。平年を7~1度上回り、6月下旬並みの地点もあった。観測全16地点のうち、13地点で今年最高を更新した。

 岡山地方気象台は「19日は気圧の谷の影響で雲が広がるが、次第に晴れる見込み。しばらくは気温が高めの日が多いだろう」と予報している。

(2019年04月18日 18時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ