山陽新聞デジタル|さんデジ

津軽三味線奏者が東北物産展PR 22日まで天満屋岡山店

物産展をPRする渋谷さん
物産展をPRする渋谷さん
 天満屋岡山店(岡山市北区表町)で17日に始まる物産展「東北ぐるり味と技まつり」(22日まで)をPRするため、津軽三味線奏者の渋谷和生さん(48)が16日、岡山経済金融記者クラブ(同厚生町)を訪れた。

 東北6県から計50社が出店し、グルメと工芸品計約600点を販売。宮城県石巻市沖で水揚げされた魚介類を使った海鮮弁当(1944円)、山形県のでか金つば(280円)、秋田県の木工房が作るこいのぼりのクラフト作品(9288円)などを並べる。宮城県特産の牛タン弁当(1580円)などが味わえるコーナーもある。

 17日に同店で演奏を披露する渋谷さんは「各県の魅力に触れ、東北を訪れるきっかけにしてほしい」と話した。

 午前10時~午後7時半(22日は午後6時まで)。

(2019年04月16日 20時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ