山陽新聞デジタル|さんデジ

【4月16日】AIアナNEWS

宇野港に「真庭のシシ」登場
 瀬戸内国際芸術祭2019の開幕(26日)を前に、会場のJR宇野駅前の宇野港シーサイドパーク(玉野市築港)に15日、真庭市から出たごみで作られたイノシシ形モニュメント「真庭のシシ」がお目見えした。同港には瀬戸内海の漂流ごみなどで作った「宇野のチヌ」も展示されており、山と海で共通するごみの問題について考えてもらう。

堤防復旧へ真備に新事務所
 国土交通省中国地方整備局は15日、西日本豪雨で決壊した倉敷市真備町地区内の小田川堤防の復旧などに取り組む「高梁川・小田川緊急治水対策河川事務所」の開所式を市真備支所(同町箭田)で行った。

コーヒー豆の国際大会で金賞
 コーヒー豆の品質や焙煎(ばいせん)技術を競う国際的な大会「国際カフェテイスティング競技会」(昨年11月・イタリア)で、焙煎業者のばんこく珈琲(こーひー)(岡山市北区野田)のブレンドコーヒーがエスプレッソマシン部門で最優秀の金賞に輝いた。岡山県内の受賞者は初めて。

(2019年04月16日 00時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ