山陽新聞デジタル|さんデジ

新天皇即位で県が5月に慶祝行事 記帳所開設や後楽園など無料開放

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は15日、皇太子さまの新天皇即位に合わせ、慶祝行事を行うと発表した。5月4、5日に本庁へ記帳所を設けるほか、同1日には後楽園など岡山市内の県有3施設を無料開放する。

 記帳所は本庁の1階県民室に開設し、祝意を示して名前や住所を書き込む記帳簿を置く。受け付けは両日とも午前9時~午後5時。記帳簿は後日、宮内庁に届ける。

 県有施設の無料開放は後楽園と県立博物館、県立美術館で実施する。同1~7日には県庁の本庁舎北側とJR岡山駅前の県啓発塔に「慶祝 天皇陛下御即位 令和元年五月一日」と記した懸垂幕を掲示する。

 県総務学事課は「ぜひ多くの人に行事へ参加してもらい、新天皇の即位と新しい時代の幕開けを祝う機運を高めたい」としている。

(2019年04月15日 22時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ