山陽新聞デジタル|さんデジ

仕事帰り「満月BAR」で食事を 岡山・西川緑道公園で年6回

前回の満月BARの様子=昨年10月27日
前回の満月BARの様子=昨年10月27日
 満月に近い土曜の夜、岡山市中心部の西川緑道公園を会場に繰り広げられる恒例イベント「満月BAR」が冬季休業を終え、今年も始まる。20日を皮切りに、8月を除く10月までの全6回を計画。平日の仕事帰りにも気軽に立ち寄ってもらおうと、今季は9、10月の開催を水曜に変更して行う。

 20日、5月18日、6月15日、7月27日、9月18日、10月16日の6回。桃太郎大通りの南約150メートルにある野殿橋一帯にハイテーブルを置き、ソムリエやバーテンダーがワインやカクテル(ノンアルコールも)を提供するドリンクブースを設ける。フードは周辺の飲食店がイタリアンや肉料理、創作和食などをデリバリーする。

 初回は、桜のリキュールを使ったカクテルなど「春」にちなむメニューも登場する。2回目以降、音楽ライブなども企画している。

 支払いは原則チケット制で、当日、会場で2500円(500円チケットの5枚セット)で購入できる。余ったチケットは当日に限り、提携店舗6店で1枚500円の金券として使える。払い戻しは不可。イベントは午後5時~9時。ラストオーダーはフードが午後8時、ドリンクが同8時半。荒天時中止。

 吉川慧(さとし)代表(23)は「満月BARが目指すのは気軽に集える非日常の空間。ぜひ少しだけおしゃれをして出かけてもらえれば」と呼び掛けている。スケジュールなどは専用のサイトやフェイスブックページにも掲載している。

(2019年04月13日 15時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ