山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷上空をオスプレイ飛行か 目撃情報相次ぐ、SNSに写真も

倉敷市上空を飛行するオスプレイとみられる機体=8日午後5時42分(大野さん撮影)
倉敷市上空を飛行するオスプレイとみられる機体=8日午後5時42分(大野さん撮影)
 米軍の輸送機オスプレイを目撃したとの情報が8日夕、倉敷市であった。防衛省中国四国防衛局によると、同日、米軍の横田基地(東京)から岩国基地(山口県)の間をオスプレイ1機が飛行したという。

 倉敷市のアマチュア天文家大野智久さん(70)は、自宅にいた8日午後5時40分すぎ、「ゴゴゴ」と音を立てて北の空をオスプレイらしき1機が通過するのを見つけ撮影した。機体の大きさなどから市役所(同市西中新田)上空の高度約1800メートルを飛んでいたのではないかと推計する。

 同じころ、真庭市の農業男性(60)も倉敷市水島地区から市街地上空を飛ぶ1機を発見し、撮影。写真を会員制交流サイト(SNS)に投稿した。

 オスプレイは事故の多さが指摘されており、日米両政府は「移動の際は可能な限り水上を飛行する」などで合意している。大野さんは「合意に基づき、市街地上空を飛ぶのはやめてほしい」と話した。

(2019年04月09日 21時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ