山陽新聞デジタル|さんデジ

ベニシアさんの自然生活を紹介 天満屋岡山店で「暮らし展」

ベニシアさん宅の庭を再現したコーナー
ベニシアさん宅の庭を再現したコーナー
 京都・大原の山里にある古民家で、自然に寄り添う生活を続けるハーブ研究家ベニシア・スタンリー・スミスさん=英国出身=のライフスタイルを紹介する「ベニシアさんの手づくり暮らし展」が、天満屋岡山店(岡山市北区表町)6階葦川会館で開かれている。15日まで。

 ベニシアさんは1950年に貴族の家系に生まれた。19歳で貴族社会に疑問を抱いて世界各地を旅し、71年に来日。岡山市などを経て、96年から大原で暮らす。自宅で育てたハーブを料理や茶で楽しむだけでなく、せっけん、シャンプーなども手作りする暮らしぶりはテレビ番組などで紹介され、多くのファンの共感を呼んでいる。

 会場にはベニシアさん宅の庭が再現され、ゼラニウム、コデマリといったかわいらしい花々がさわやかな香りを放っている。写真家の夫が撮影した四季折々の大原を写したパネル作品、ベニシアさんによる自宅の植物のスケッチ、食器などの愛用品も飾られている。

 里庄町、主婦(58)は「何もかも自分で手作りし、物を大切にする姿勢がすてき。憧れますね」と話していた。

 午前10時~午後6時(最終日は同5時)。入場料一般800円、高校生以下無料。

(2019年04月10日 10時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ