山陽新聞デジタル|さんデジ

美作地域ゆかりの音楽家が演奏会 津山で若手6人、聴衆を魅了

日本の四季メドレーを奏でる若手音楽家ら
日本の四季メドレーを奏でる若手音楽家ら
 美作地域ゆかりの若手音楽家によるコンサートが7日、ベルフォーレ津山(津山市新魚町)で開かれ、ピアノや箏、トランペット演奏などで聴衆約450人を魅了した。

 美作地域のほか、関東など全国で活動するユーフォニウム、ピアノ、ハープ、クラリネット、箏、トランペット奏者の計6人が約10曲を演奏。箏の福田恭子さん(真庭市出身)は「秋風の曲」をしっとりと弾き、ハープの堀田千晶さん(津山市出身)はラテンポピュラー音楽の「グラナダ」をリズム良く、情熱的に奏でた。

 最後は6人にドラムとホルンのゲスト奏者2人が加わり、日本の四季メドレーを披露した。おなじみの「さくら」「夏は来ぬ」「もみじ」が繰り広げられ、来場者はうっとりと聴き入っていた。

 作陽高吹奏楽部の2年廣岡輝政さん(16)は「めったに聞くことのできない機会。美しく、迫力ある演奏で感動した」と話した。

 コンサートは、地元の音楽愛好家らでつくる「美作の若き音楽家を応援する会」が企画し、2015年から毎年この時期に開いている。

(2019年04月09日 18時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ