山陽新聞デジタル|さんデジ

田野さん、保守系乱立の激戦制す 県議選津山市・苫田郡・勝田郡区

初当選を果たし支持者と握手する田野さん(中央)
初当選を果たし支持者と握手する田野さん(中央)
 岡山県議選は7日投開票が行われ、津山市・苫田郡・勝田郡選挙区(定数4)は、3期務めた自民現職の後継として出馬した自民新人の田野孝明さん(62)が初当選、現新7人による激戦を勝ち抜いた。

 午後9時55分ごろに当確の知らせが入ると、津山市日本原の選挙事務所は歓声に包まれた。田野さんは、支持者約200人と万歳を繰り返し、「これからがスタート。皆さまの意見を県政に反映し、少子化でもより住み良く、安心安全に暮らせる地域づくりに取り組む」と力を込めた。

 元閣僚秘書を30年務めた経験と、防災・減災や農林業、子育て支援の充実をアピール。地盤の勝央、奈義町、同市勝北地区を中心に幅広い層をまとめ、保守系6人が乱立した混戦を抜け出した。

(2019年04月08日 01時40分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ