山陽新聞デジタル|さんデジ

環太平洋大、東亜大下し快勝発進 中国六大学野球春季リーグ開幕 

【環太平洋大―東亜大】4回裏環太平洋大2死二塁、押部の中前適時打で5―2とリードを広げる。捕手長谷川=倉敷マスカット
【環太平洋大―東亜大】4回裏環太平洋大2死二塁、押部の中前適時打で5―2とリードを広げる。捕手長谷川=倉敷マスカット
 中国六大学野球春季リーグは6日、倉敷市のマスカットスタジアムで開幕。1回戦3試合が行われ、昨秋の明治神宮大会で準優勝した環太平洋大が東亜大に6―3で先勝した。岡山商大と吉備国大はともに延長十一回、タイブレークの末に敗れた。

 環太平洋大は3―2の四回2死三塁から松本、押部、久城の3連続適時打で3点を追加。11安打を浴びながら3投手の継投で逃げ切った。岡山商大は主戦前田が自責点ゼロと好投したが、昨春の覇者・徳山大に3―4でサヨナラ負け。吉備国大は右腕内田を打線が援護できず、福山大に1―3で屈した。

 7日は同スタジアムで2回戦3試合がある。

 ▽1回戦(環太平洋大1勝)

東亜大
011000100|3
30030000×|6
環太平洋大

(東)松田、藤田、中内―長谷川
(環)西山、仲尾、佐々木龍―平松
▽二塁打 徳嶺(東)仲村(環)

 ▽同(徳山大1勝)

岡山商大
00010000020|3
00000000121x|4
徳山大
(延長十一回、十回からタイブレーク)

(岡)前田―塩見、平
(徳)高嶋、伊藤秀、小崎、楠岡―藤本
▽本塁打 真鍋(岡)

 ▽同(福山大1勝)

福山大
00000000003|3
00000000001|1
吉備国大
(延長十一回、十回からタイブレーク)

(福)山崎―吉田
(吉)内田、田口―藤井
▽二塁打 高橋、藤田(福)小関(吉)

(2019年04月06日 22時38分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ