山陽新聞デジタル|さんデジ

消火器具盗難、美作で新たに7点 筒先とホース、奈義含め計42点

筒先とスタンドパイプが無くなっていた奈義町の格納ボックス
筒先とスタンドパイプが無くなっていた奈義町の格納ボックス
 美作市と岡山県奈義町で消火栓近くの格納ボックスから消火器具が大量に無くなった事件で、新たに美作市のボックス6カ所から、ホースの先端に取り付ける真ちゅう製の筒先とホース計7点が無くなっていたことが4日、分かった。美作署は一連の事案と関連があるとみて窃盗容疑で調べている。

 市消防本部によると、内訳は筒先5個とホース2本。筒先は勝田、大原、作東地域の計5カ所で1個ずつ、ホースは大原地域の1カ所から2本が無くなっていた。いずれのボックスも市北部の国道429号沿いにある。

 3月中旬に両市町で18カ所のボックスから、筒先と、消火栓とホースをつなぐ「スタンドパイプ」の計35個が無くなっているのが見つかったことを受け、同本部が各方面隊に調査を依頼し、判明した。

 両市町で無くなった消火器具はこれで42点となった。

(2019年04月05日 08時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ