山陽新聞デジタル|さんデジ

奈義で子どものアトリエ作品展 絵画・造形教室生の380点展示

子どもたちのカラフルな作品を楽しむ来場者
子どもたちのカラフルな作品を楽しむ来場者
 岡山県奈義町の絵画・造形教室「NAGI子どものアトリエ」の作品展が7日まで、同町豊沢の町現代美術館で開かれている。

 町内をはじめ、美作、津山市、勝央、美咲町の幼児~中学3年の教室生36人が2018年度に制作した約380点を出品。絵本に登場する「はらぺこあおむし」「ぞうのエルマー」や、太陽、だるまなどをカラフルに描いた絵画、コルク製シートと毛糸で形作った動物の造形などが展示され、華やかでかわいらしい雰囲気に包まれている。

 女子児童(制作当時、美作北小2年)はジンベエザメを中心にクラゲ、エイ、魚などを元気よく描いた。女子児童(同、奈義小5年)は和紙にピンクのコスモスを丁寧に描写。女子児童(同、奈義中2年)の造形は、きらきら輝くひも状のスパンコールでエンゼルフィッシュを作った。

 教室を主宰する芦田はるみさんは「子どもたちの持つ温かさやユーモアなどを感じてもらいたい」と話す。

 午前9時半~午後5時(最終日は同4時)。入場無料。

(2019年04月04日 15時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ