山陽新聞デジタル|さんデジ

【ファジ】慈善マッチと甲府戦ダイジェスト 元日本代表らCスタ沸かす

 西日本豪雨の復興支援のため、サッカーJ2ファジアーノ岡山は30日、シティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)で元日本代表らが出場するチャリティーマッチを開きました。元日本代表の中田浩二さん、巻誠一郎さん、元ファジアーノの岩政大樹さん、加地亮さんら24人が出場。珍プレーあり、好プレーありのゲームでスタジアムの観衆を沸かしました。豪雨被害を受けた倉敷市真備町地区の中学生クラブチーム「フォルテFC」とも対戦しました。1-1で引き分けた甲府戦とともに写真で振り返ります。

チャリティーマッチ


加地亮さん(手前の水色のユニホーム)はフォルテFCの選手と肩を組んで入場
加地亮さん(手前の水色のユニホーム)はフォルテFCの選手と肩を組んで入場

今回参加した選手全員で記念撮影
今回参加した選手全員で記念撮影

元Jリーガーを相手にプレーするフォルテFCの選手たち(白のユニホーム)。仲山隼斗主将(真備東中3年)は「素晴らしい選手と最後の試合を戦えてよかった」と話した
元Jリーガーを相手にプレーするフォルテFCの選手たち(白のユニホーム)。仲山隼斗主将(真備東中3年)は「素晴らしい選手と最後の試合を戦えてよかった」と話した

ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)をジェスチャーで要求する加地さん(左)。観衆の笑いを誘った
ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)をジェスチャーで要求する加地さん(左)。観衆の笑いを誘った

フォルテFCの選手たちと握手する岩政さん(中央)
フォルテFCの選手たちと握手する岩政さん(中央)


甲府戦


写真撮影に臨む甲府戦のスタメン
写真撮影に臨む甲府戦のスタメン

クロスを上げる椋原健太選手(左)
クロスを上げる椋原健太選手(左)

シュートを放つ仲間隼斗選手
シュートを放つ仲間隼斗選手

後半3分、先制ゴールを決めた直後の田中裕介選手。「いいボールが来た。セットプレーの練習の形ができた」と語った
後半3分、先制ゴールを決めた直後の田中裕介選手。「いいボールが来た。セットプレーの練習の形ができた」と語った

控え選手も駆け寄り先制点を喜んだ
控え選手も駆け寄り先制点を喜んだ

PKで同点に追いつかれた直後に終了のホイッスル。肩を落とす選手たち
PKで同点に追いつかれた直後に終了のホイッスル。肩を落とす選手たち

(2019年03月30日 18時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ