山陽新聞デジタル|さんデジ

町有地を1坪8円で分譲販売 移住の子育て世帯へ神石高原町

坪8円の格安で分譲販売される神石高原町上豊松の町有地
坪8円の格安で分譲販売される神石高原町上豊松の町有地
 宅地1坪、8円で売ります―。広島県神石高原町は4月1日から上豊松の町有地を町外から移住する子育て世帯に格安で分譲販売する。町は「町長のスローガン『八つの挑戦』にちなんで8円にした。まちに関心を持つきっかけになれば」と多数の応募を期待している。

 同町有地は2004年の合併前の旧豊松村時代に高齢者用の町営住宅を整備するために造成された土地で、翌年5棟が建築されたが、その後は財政状況などを考慮して事業が中断。土地全体の約半分が遊休地として放置されたままになっており、これを町の最重要課題である定住対策に結びつけた。

 分譲販売されるのは72坪(239平方メートル、576円)3区画と、125坪(413平方メートル、千円)2区画の計5区画。町役場から北東15キロに位置し、福山駅まで車で1時間程度で行けるという。購入条件は、町外在住者▽小学生以下の子どもを持つ▽購入後3年以内に住宅建築を完了させ、入居する―など。転売対策として買い戻し特約を最長の10年に設定することも検討している。

 豊松地区は合併前の旧町村単位の4地区で最も人口が少なく、地区唯一の小学校・豊松小の児童数は合併時の72人から本年度の18人にまで減少している。町総務課は「子どもを増やすことで地域を活性化させたい」としている。

(2019年03月27日 19時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ