山陽新聞デジタル|さんデジ

「やかげ」ブランド品集めフェア 矢掛で24日、認定50品目達成

ブランドフェアをPRする実行委メンバー
ブランドフェアをPRする実行委メンバー
 岡山県矢掛町ブランドの認定品50品目達成を記念し、やかげ町家交流館駐車場(同町矢掛)で24日、「宿場町やかげブランドフェア」が開かれる。

 大豆発酵食品テンペのコロッケ、ハッカのあめやジェラート、柚餅子(ゆべし)、手焼き煎餅、備中神楽面などのブランド認定品を一堂に販売。町内産のアスパラガスや西洋ネギ・リーキを使ったイベント限定メニューの試食コーナーも設ける。

 会場では、里庄町出身のシンガー・ソングライター千里さん、備中本陣太鼓によるステージショー、ビンゴ大会などもある。

 午前10時~午後3時。認定事業者らでつくるフェア実行委はPRポスターを製作して来訪を呼び掛けており、佐伯健次郎実行委員長は「矢掛が誇る食や工芸品の魅力を多くの人に伝えたい」と話している。

 矢掛町ブランドは町のイメージ向上や地域活性化を狙い、2010年度に創設。現在、農産物や加工品、菓子、伝統工芸品など56品目がブランドに認定されている。

(2019年03月22日 11時17分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ