山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市街地のビル群に白いベール 県内広範囲で濃い霧

濃い霧が立ち込めた岡山市中心部の桃太郎大通り=20日午前8時31分(森川進豪撮影)
濃い霧が立ち込めた岡山市中心部の桃太郎大通り=20日午前8時31分(森川進豪撮影)
 岡山県内は20日未明から朝にかけ、広い範囲で濃い霧に覆われた。岡山地方気象台によると、前日の雨で湿度が高まった状態で気温が下がったため。岡山市の中心市街地ではビル群が白いベールに包まれた。

 気象台は同日午前3時45分、県内全域に濃霧注意報を発表(同10時45分解除)。岡山市中心部は、同7時ごろには視界が1キロ未満になった。JR岡山駅前の桃太郎大通りでは、ぼんやりとかすむ景色の中を、足早に職場などに向かう人の姿が見られた。

 朝の最低気温は玉野市6・7度(平年4・9度)岡山市中心部4・5度(同)倉敷市4・2度(3・7度)など、3月中旬~4月上旬並みだった。

(2019年03月20日 12時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ