山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県NIE教育奨励賞に3校 朝日小、石井小、早島中

加賀会長(右)から表彰状を受け取る朝日小の担当者
加賀会長(右)から表彰状を受け取る朝日小の担当者
 新聞を活用した教育で成果を上げた岡山県内の学校などを顕彰する第1回「県NIE教育奨励賞」(県NIE推進協議会主催)の表彰式が14日、岡山市北区柳町の山陽新聞社であり、最優秀奨励賞に選ばれた岡山市立朝日小学校(同市東区西片岡)と優秀奨励賞の早島町立早島中(同町早島)と岡山市立石井小(同市北区寿町)に賞状が贈られた。

 同協議会長の加賀勝岡山大副学長が「3校ともに学校全体で取り組み、独自性や継続性、児童に興味を持たせる工夫も光っていた。今後のさらなる活動を期待します」とあいさつ。朝日小の新聞広告を使った自由な意見交換や早島中の「部活動新聞」などの多彩な新聞作り、石井小の新聞記事を使った消費増税に対する討論といった特徴的な取り組みが紹介された後、各校の担当者に賞状と副賞を手渡した。

 朝日小の岸本伸一校長らが「学校全体で試行錯誤しながら取り組み、子どもたちの『伝え合い』に結び付けることができた。受賞を励みに新たな新聞教育に挑戦したい」と謝辞を述べた。

 県NIE教育奨励賞は、NIE活動のさらなる促進を図り、同協議会が本年度創設。県内の小中高校、特別支援学校、大学・短大の計19校から応募があった。

(2019年03月14日 21時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ