山陽新聞デジタル|さんデジ

【ファジ】イ ヨンジェ選手に聞く ゴール時のハートマークは…

金沢戦で今季初ゴールを決め、満面の笑みのイ ヨンジェ選手=3月3日、シティライトスタジアム
金沢戦で今季初ゴールを決め、満面の笑みのイ ヨンジェ選手=3月3日、シティライトスタジアム

 「最後の最後まで結果は分からない」-。サッカーJ2ファジアーノ岡山で2年目のシーズンを迎えるFWイ ヨンジェ選手(27)が挙げた好きな言葉です。「負けていても、諦めなければ逆転できる。審判の笛が吹かれるまでやりきたい」と力強く語ってくれました。ホーム金沢戦(3月3日)のゴール時に手で作ったハートマークをスタンドに見せた理由、海外でサッカー選手としての挑戦を始めたきっかけ、これからの夢を聞きました。



金沢戦で今季初ゴール!



-金沢戦でのゴール、おめでとうございます。

 自分のゴールもそうですけど、チームが勝ったことがよかったです。チームの雰囲気もよくなっていて、みんなのコンディションも上がってきていると思います。でも次の試合はすぐあります。それに向けての準備が大切だと思っています。

-ゴールの時に見せたハートマークのパフォーマンスは誰に向けて?

 奥さんです(2017年に結婚)。どこに座っているか分かっているので(笑)。ここ数年やっているゴールパフォーマンスです。奥さんは自分のゴールも、チームの勝利も喜んでくれました。「もっとゴールパフォーマンスを見せてほしい」と話していました。

メインスタンドに向けてゴールパフォーマンスをするヨンジェ選手
メインスタンドに向けてゴールパフォーマンスをするヨンジェ選手


-休みには一緒に出掛けるのですか?

 自分も奥さんとデートしたいし、奥さんもデートしたいと言ってくれるので、出掛けています。前の試合の疲労が残っていると、体に負担がかからない範囲で行くので、場所は限られてしまいますが…。奥さんには申し訳ないなと思っています。

-どこかお気に入りの場所は見つかりましたか?

 倉敷ですね。和風な街並みがすごく気に入っていて、カフェに行った時、(奥さんが)喜んでいました。

(2019年03月14日 16時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ