山陽新聞デジタル|さんデジ

芸術選奨大臣賞に早島の山尾さん 新人賞は奈義の菅原さん

 文化庁は6日、芸術分野の優れた業績を表彰する2018年度芸術選奨の文部科学大臣賞を、岡山県早島町在住の作家山尾悠子さん(63)や落語家の笑福亭鶴瓶さん(67)、シンガー・ソングライターの竹内まりやさん(63)、漫画家の荒木飛呂彦さん(58)ら19人に贈ると発表した。新人賞は俳優で介護福祉士の菅原直樹さん(35)=同県奈義町、脚本家の野木亜紀子さん(44)やシンガー・ソングライターの宇多田ヒカルさん(36)、俳優の蒼井優さん(33)ら11人。12日に東京都内で贈呈式を開く。

 山尾さんは昨年刊行した「飛ぶ孔雀(くじゃく)」が泉鏡花文学賞、日本SF大賞を相次ぎ受賞。新人賞の菅原さんは劇団「OiBokkeShi(オイ・ボッケ・シ)」を率い、高齢者の国際演劇祭などで上演した。

 芸術選奨は今回が69回目。大衆芸能や演劇、放送など11部門でそれぞれ大臣賞と新人賞を選ぶ。新人賞は原則として50歳未満が対象。

(2019年03月06日 22時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ