山陽新聞デジタル|さんデジ

Perfume×ポルノがダンス対決!? あ~ちゃん「受けて立ちます!」

『Amuse Fes』事前特番に出演した(左から)TAKE(FLOW)、TAKE(SOS)、新藤晴一、KEIGO、山村隆太、奥野翔太
『Amuse Fes』事前特番に出演した(左から)TAKE(FLOW)、TAKE(SOS)、新藤晴一、KEIGO、山村隆太、奥野翔太
 大手芸能プロダクション・アミューズが主催する音楽フェス『Amuse Fes in MAKUHARI 2019』(6月1日、千葉・幕張メッセ国際展示場)の事前特番『22時まで生配信!~激論!ド~なる?!Amuse Fes 2019〜』が4日、LINE LIVEで生配信された。

【写真】ポルノ晴一、flumpool山村隆太らが和やかかつ白熱トーク

 出演者を代表し、新藤晴一(ポルノグラフィティ)、TAKE(Skoop On Somebody)、TAKE(FLOW)、山村隆太(flumpool)、奥野翔太(WEAVER)、司会進行としてKEIGO(FLOW)が番組に登場。SNSなどで事前に募集していたアイデアをもとに、『Amuse Fes』を盛り上げるための企画やコンセプトについて激論した。

 昨年は出演10組が「晴チーム」「雨チーム」に分かれての対抗戦で行われたが、今年も「出身地」や「玉子焼きには醤油派?ソース派?」などチームに分かれての対戦企画や、各出演者が「恋」など共通テーマでセットリストを構成するといった案も。また、ステージ転換中に出演者同士で影アナラジオを実施したり、出演者プロデュースのフードブースを設置するなどのアイデアも多数飛び交い、大阪出身のTAKE(Skoop On Somebody)は広島出身の晴一との“粉もん”対決などを望んだ。

 終盤には今回の生放送に参加できなかった、あ~ちゃん(Perfume)に生電話。「“恋”をテーマにするのもいいよね!」と乗り気なあ~ちゃんに対し、KEIGOは「恋愛ソングが少ないFLOWには不利」と嘆く。また“ダンス対決”を求める声が多かったことから、ダンスに苦手意識を持つ晴一は「ダンス対決に賛成した人は(コメントを)ブロックするぞ!」と視聴者をけん制。一方、あ~ちゃんはダンス対決を「受けて立ちます!」と言葉に力を込めた。

 約1時間の白熱した討論の末、どのアイデアを採用するかの最終決定は、今回番組に出演できなかったPerfumeに委ねられることに。次回の生配信は4月に行われる予定となっている。なお、今回の番組は3月31日午後11時59分までLINE LIVEでアーカイブが公開される。

【試聴】Perfumeの主な配信楽曲
【昨年】Perfumeら先輩サザン名曲で“胸騒ぎの腰つき” Amuse Fesで1.8万人魅了
アミューズ若手“ハンサム”俳優がファン感謝祭 神木隆之介、吉沢亮ら11人
flumpool、活動再開を発表 故郷のストリートライブで再始動
ポルノグラフィティ、故郷・因島ライブで母校後輩と合唱 全国100館に生中継

(2019年03月05日 00時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ