山陽新聞デジタル|さんデジ

G20会合200日前でイベント 岡山市、健康テーマに盛況

健康をテーマに、多彩な催しが繰り広げられた「200日前イベント」
健康をテーマに、多彩な催しが繰り広げられた「200日前イベント」
 10月19、20日に岡山市で開催される20カ国・地域(G20)保健相会合に向けて機運を盛り上げる「200日前イベント #健康人宣言岡山」が3日、岡山コンベンションセンター(同市北区駅元町)で開かれた。健康をテーマにしたステージやブース出展など多彩な催しがあり、約3千人が来場した。

 11月末まで順次開催される関連イベントの第1弾。開会式で、G20岡山保健大臣会合支援推進協議会会長の大森雅夫岡山市長が「いよいよ迫ってきた。市民、県民に健康づくりを意識してもらい、健康寿命延伸の考えを浸透させていきたい」とあいさつした。

 会場には約20のブースが開設され、家族連れらが血管年齢や柔軟性、筋力を測定したり、食品模型を使って日頃の食事のバランスをチェックしたりした。笑いとヨガを組み合わせた「笑いヨガ」のステージもあり、楽しみながら健康の大切さを学んだ。

 友人と訪れたパート女性(52)=同市中区=は「思ったより筋力がないことが分かった。健康を第一に、小さなことでもこつこつ続けたい」と話していた。

 保健相会合は、6月に大阪であるG20首脳会合に伴い開催され、各国の350人が来岡する見込み。

(2019年03月04日 21時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ