山陽新聞デジタル|さんデジ

中華風卵焼き ダイコンと豚ひき肉のあんかけ シェフの家ごはん(33)

 春の訪れまであと少し。3月に入ったとはいえ寒い日は続き、体の温まるメニューが恋しくなる。岡山プラザホテル(岡山市中区浜)の新道幸男シェフが考えてくれたのは「中華風卵焼き ダイコンと豚ひき肉のあんかけ」「一口揚げおにぎりのダイコンとキノコのスープ漬け」「サクサク麺サラダ」の3品。調理のポイントとともにレシピを紹介する。

レシピ(各4人分)


▼中華風卵焼き ダイコンと豚ひき肉のあんかけ

材料
豚ひき肉80グラム、ダイコン80グラム、白ネギみじん切り大さじ1、卵4個、生シイタケ2個、チンゲンサイ1株、ショウガ、ニンニク各少々、鶏ガラスープ300cc、しょうゆ、オイスターソース、うま味調味料各小さじ1、テンメンジャン小さじ1/2、トウバンジャン少々、水溶きかたくり粉適量、ごま油、酒各小さじ1、砂糖小さじ1と1/2、塩、こしょう各少々

作り方
①ボウルに卵を割り、塩、こしょう、うま味調味料、砂糖を入れ、はしなどで静かに溶きほぐす
②フライパンを煙が出るまで熱したら火を止め、サラダ油を入れ、卵を流し入れる
③玉じゃくしで全体を大きくかき混ぜてふんわり火を通し、器に盛り付ける
④ダイコン、シイタケを5ミリ角に切り、190~200度に熱した油に、ダイコンを約1分、シイタケを30秒ほど入れ、引きあげる(油通し)
⑤鍋を熱し、豚ひき肉、白ネギ、ショウガ、ニンニクを入れ、香りが立ったらトウバンジャンを炒める
⑥❹を加え、残りの調味料をすべて入れ、ダイコンに火が通るまで煮込む
⑦水溶きかたくり粉でとろみをつけ、ごま油を回し入れる
⑧チンゲンサイを6つに切り分けて塩ゆで
⑨❸の周りに❽を並べ、❼をかけて完成

▼一口揚げおにぎりのダイコンとキノコのスープ漬け

材料
ダイコン50グラム、黄ニラ10グラム、シメジ30グラム、白ネギ少々、エノキ30グラム、卵白2個分、スープ用(鶏ガラスープ600cc、塩小さじ1/2、砂糖少々、うま味調味料小さじ1/2、水溶きかたくり粉適量、こしょう少々、酒小さじ1/2)、おにぎり小4個、ごま油少々

作り方
①鍋にスープ用の調味料、ダイコン(細切り)、黄ニラ、シメジ、エノキ、白ネギを入れ、少し煮込む
②火が通ったら、水溶きかたくり粉でとろみを付け、卵白を溶き入れる
③最後にごま油を入れ、香りを付ける
④小さめの俵型おにぎりにしょうゆをまぶし、180度の油で揚げる
⑤器に入れ、❸をかけて完成

▼サクサク麺サラダ

材料
キャベツ1/4個、コーン缶詰40グラム、中華麺1袋、マヨネーズ120グラム、砂糖、塩各大さじ1

作り方
①キャベツをざく切りにし、塩を振ってもみ込む
②しんなりしたら流水で塩を抜く
③170~180度の油で中華麺を揚げる
④❶、❷、❸とコーンを加え、マヨネーズ、塩、砂糖を入れて混ぜれば完成

(2019年03月07日 16時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ