山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁で音楽遊びの子育て講座 吉備国大教員らが市内親子指導

音楽遊びを楽しむ親子連れ
音楽遊びを楽しむ親子連れ
 吉備国際大(高梁市伊賀町)などでつくる同大たかはし子育てカレッジ実行委の子育て講座が22日、市役所で開かれた。市内の親子連れ28組が同大教員や学生に教わりながら音楽遊びを楽しんだ。

 0~5歳児を子育て中の保護者に、同大心理学部の上田豊教授(音楽教育学)は「目に見ることができない音を想像力を動員して楽しむのが音楽」と指摘。子育てに音楽を取り入れるメリットについて「乳幼児期の脳の発達を促し、豊かな感性を育む」と紹介した。

 参加者は上田教授の電子ピアノ演奏に乗せて、同大3年黒木愛美さん(21)とともに体を動かし、歌を歌った。子どもたちはタンバリンや鈴、カスタネットもリズムに合わせて鳴らし、会場は笑顔に包まれた。

 長男(1)と参加した女性(38)は「子どももすごく喜んでいた。幼児の成長に音楽が大きな効果があることが改めて分かった」と話した。

(2019年02月26日 17時25分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ