山陽新聞デジタル|さんデジ

カキ、イチゴ、酒尽くしの週末を 備前、笠岡、浅口で催し

大勢の家族連れらでにぎわう昨年の「ひなせかき祭」
大勢の家族連れらでにぎわう昨年の「ひなせかき祭」
 庭木のつぼみがふくらみ始め、寒さの中にも春の足音が近づいています。2月最後の週末は、去りゆく冬のグルメを満喫すべく“食べる・飲む”イベントをピックアップしました。備前市では恒例の「ひなせかき祭」、地元産のイチゴを味わえる「いちご祭り」は笠岡市で、新酒・珍酒の即売会が浅口市で開かれます。週末の天気予報はおおむね良好。お出かけ日和です。

 ぷりぷりでクリーミーな味わいのカキ。岡山県内や近隣のカキ祭りは、ほぼ終わっており、「ひなせかき祭」はカキを堪能できるラストイベントです。24日午前9時、日生町漁協の産直市場・五味の市(備前市日生町日生)周辺で。日生産の殻付きや、むき身のカキをはじめ、カキ飯、カキフライ、カキ汁、カキオコなどを販売します。購入したカキをその場で焼いて食べられるバーベキューコーナーもお目見え。会場周辺の道路は混雑するため、JRの利用がお勧め。日生駅前桟橋から無料シャトル船が運航されますが、駅から会場まで徒歩約15分です。

 笠岡市カブト南町の笠岡ベイファームでは24日午前9時から、「いちご祭り」が開かれます。笠岡産のゆめのか、紅ほっぺなど約千パックが500~800円で並びます。市内の複数の洋菓子店がイチゴを使ったロールケーキ、フレッシュタルト、大福などのスイーツを限定販売。5種類のイチゴの食べ比べができる詰め合わせ(1カップ300円)もあります。併設のカフェでは、イチゴと生クリームをサンドしたクロワッサン(大300円、小180円)のほか、ソフトクリームを買った先着200人に大粒イチゴをトッピングします。イベントは売り切れ次第終了です。

 浅口市鴨方町本庄の丸本酒造では24日午前9時から、「新酒・珍酒 即売会」を実施。当日のみ取り扱いの限定酒は価格、本数とも当日発表で一人1本限り。純米吟醸無濾過生原酒は一升瓶が2900円、四合瓶は1400円。酒粕の詰め放題は時間無制限です(500円)。今回は酒粕の量が少なめのため、早々に終了となりそう。屋台や試飲はありません。臨時駐車場として特別養護老人ホーム・矢掛荘(矢掛町南山田)から無料シャトルバスを運行します。

(2019年02月22日 05時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ