山陽新聞デジタル|さんデジ

深山公園のバラを24日無料配布 玉野市公園緑化協会が園を廃止

24日で廃止になるバラ園。園内のバラは無料配布される
24日で廃止になるバラ園。園内のバラは無料配布される
 深山公園(玉野市田井)のバラ園が24日、生育するバラの減少に伴い廃止される。管理する市公園緑化協会は同日、園内に植えているバラを希望者に無料配布する。

 バラ園は玉野ライオンズクラブが1997年から整備し、2000年10月にオープンした。公園の入り口近くの約1400平方メートルに30種余りの約千株を植え、市民に親しまれてきたが、徐々にバラの数が減り、現在は約100株になっている。公園の「表玄関」でもあり、市公園緑化協会がより有効な土地活用を進めるために廃止を決めた。

 無料配布は午前10時に開始。好きな株を選び、1人2株まで自分で掘って持ち帰れる。スコップなどは会場にある。とげによるけがを防ぐための手袋は各自用意する。正午までの予定だが、バラがなくなり次第終了する。

 市公園緑化協会は「最後まで丁寧に世話をしてきたので、残っているバラは十分にきれいな花を咲かせる。大事にしてくれる人に持ち帰ってほしい」としている。跡地の利用は未定。問い合わせは同協会(0863―21―2860)。

(2019年02月23日 06時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ