山陽新聞デジタル|さんデジ

山田方谷記念館が24日開館 高梁、郷土の偉人学ぶ拠点に

方谷の案内施設として24日に開館する「山田方谷記念館」
方谷の案内施設として24日に開館する「山田方谷記念館」
山田方谷
山田方谷
山田方谷記念館が24日開館 高梁、郷土の偉人学ぶ拠点に
 備中松山藩の財政改革に手腕を発揮した江戸時代末の儒学者・山田方谷(1805~77年)を顕彰する「山田方谷記念館」(高梁市向町)が24日、開館する。市教委が旧高梁中央図書館1階を案内施設としてリニューアル。方谷の生涯と功績を分かりやすく伝え、郷土の偉人をPRする。

 132平方メートルを改修し、約40点の解説パネルや関連資料のレプリカを中心に展示。農商業の家に生まれた生い立ちから、学問を究めて藩の財政責任者に抜てきされて行った改革の内容、引退後も情熱を注いだ教育まで、一生に沿う形で紹介している。

 幼少時に毛筆で書いた「天下太平 国土安全」の額や、方谷の教えを受け、越後長岡藩の改革に尽くした河井継之助(1827~68年)が備中松山への遊学時に記した旅日記「塵壺(ちりつぼ)」(いずれもレプリカ)などのほか、市内外に点在するゆかりのスポットも写真入りの地図で示している。

 昨年5月、改修に着手。総事業費は1950万円。元県立博物館長の田村啓介・市教委参与は「生きざまや業績が体系的に把握できるよう心掛けた。方谷を学ぶ際のスタート地点として郷土学習でも利用してほしい」と話している。

 午前9時~午後5時。年末年始のみ休館。入館料一般500円、小中学生250円。

 24日午前9時半から現地で開館記念式典。同11時から市図書館(同市旭町)で県立博物館の竹原伸之総括参事が「山田方谷の改革~山田家の資料調査を中心として」と題して講演する。無料。問い合わせは市教委社会教育課(0866―21―1516)。

 山田方谷(やまだ・ほうこく) 現在の高梁市中井町西方生まれ。幼少から勉学に励み、才能を認められ、備中松山藩校・有終館の学頭を務めた。藩の元締役・吟味役に就任後は藩政改革に手腕を発揮。子弟教育にも力を注ぎ、越後長岡藩の河井継之助や漢学塾・二松学舎(現在の二松学舎大)を創設した三島中洲らを育てた。

(2019年02月19日 13時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ