山陽新聞デジタル|さんデジ

猫城主公式グッズにファン長い列 高梁・備中松山城で先行販売

さんじゅーろーも接客する中、グッズを購入する登城者
さんじゅーろーも接客する中、グッズを購入する登城者
 高梁市観光協会は10日、備中松山城(内山下)で昨年12月にデビューした雄猫「猫城主・さんじゅーろー」の公式グッズ第1弾となるキーホルダーを城の本丸で先行販売。市内外から多くのファンが訪れ、買い求めた。

 キーホルダーは、さんじゅーろーの後ろ姿に茶色のしま模様を入れたレジン(樹脂)製(800円)と、耳が立った頭をかたどったヒノキ製(650円)の2種類。2月下旬の正式販売を前に、各50個を用意した。

 本丸のブースには午後1時半の販売開始前から、家族連れや若いカップルらが長い列をつくった。さんじゅーろーは、湯たんぽを内部に仕込んだ特製クッションの上でじっと暖を取りながら“接客”。購入者との記念撮影も嫌がらず応じ、猫城主としての務めをしっかりと果たした。

 倉敷市立小3年女子児童(9)は「キーホルダーはとてもかわいい。部屋かランドセルに飾りたい」と話した。

(2019年02月14日 09時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ