山陽新聞デジタル|さんデジ

「おやつタウン」7月開業へ、津 ベビースターラーメン工場と隣接

 スナック菓子「ベビースターラーメン」を主題にしたテーマパーク「おやつタウン」内のイメージ(株式会社おやつタウン提供)
 スナック菓子「ベビースターラーメン」を主題にしたテーマパーク「おやつタウン」内のイメージ(株式会社おやつタウン提供)
 娯楽施設の運営を手掛ける「おやつタウン」(津市)は12日、食品メーカー「おやつカンパニー」(同)のスナック菓子「ベビースターラーメン」を主題にしたテーマパーク「おやつタウン」を7月20日に開業すると発表した。津市のベビースターラーメンの工場と隣接し、好みの味を選び自分だけのパッケージをつくれる。国内最大級のアスレチックなども設ける。

 入場料は13歳以上が700円、4〜12歳は450円。3歳以下は無料。一部のアトラクションと体験コーナーは別料金となる。事前予約でおやつカンパニーの工場見学もできる。

(2019年02月12日 06時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ