山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷市が住民参加型公募債を募集 12日から、発行総額10億円

 倉敷市は12日から、2018年度住民参加型市場公募債「倉敷よい子いっぱい債」(5年満期)の購入者を募集する。発行総額は10億円で、市内の金融機関で取り扱う。

 対象は20歳以上の市内在住・在勤者と市内に営業拠点がある法人。1人当たりの購入額は10万~500万円。利率は0・15%。5年個人向け国債の利率を基準に0・10%を上乗せした。窓口は中国銀行、トマト銀行、玉島信用金庫、水島信用金庫の計63営業店。22日まで取り扱うが、売り切れ次第終了する。発行日は3月1日。

 今回は中学校の校舎増築や屋内運動場照明改修、プラネタリウムの更新などに充てる。

(2019年02月11日 06時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ