山陽新聞デジタル|さんデジ

福山で「梅毒」感染者が急増 3年前の10倍、目立つ男性患者

福山で「梅毒」感染者が急増 3年前の10倍、目立つ男性患者
福山で「梅毒」感染者が急増 3年前の10倍、目立つ男性患者
 性感染症の一つ「梅毒」の感染者が福山市で急増している。2013年以降、増加がやまず、18年は42人と3年前の約10倍になった。男性の増加が目立っており、市は匿名の無料検査を始めるなど注意を呼び掛けている。

 市内病院からの届け出を基に集計したデータによると、近年の感染者数は15年まで0~4人で推移していたが、16年は10人に増加。17年は18年と同じ42人と一気に増えている。市保健予防課は「梅毒は初期症状に気付かない人も多く、性交渉などで知らない間に感染を拡大させてしまっている」と話す。

 18年の内訳は男性27人(前年6人増)、女性15人(同6人減)。16年は男性2人、女性8人で、男性の増加傾向がうかがえる。年代別でみると、18年は男性がほぼ全世代で感染しているのに対し、女性は20代が最多の8人と、若年層に集中している。

 梅毒の感染経路の大半が性交渉。感染後約3週間で陰部や口などにしこりができ、症状がいったん消えた後、3カ月以上たった後に全身に発疹が出る。発疹も治療をしなくても消えるという。さらに進行すると心臓や脳に重大な合併症を引き起こすことがある。

 市は昨年4月、HIV(エイズウイルス)とともに梅毒もチェックできるよう血液検査の項目を追加。同課は「もしかしたらと思う人は検査を利用してほしい」としている。

 検査は予約制で原則毎月第1、第4水曜と第3木曜に福山すこやかセンター(三吉町南)で実施。問い合わせは同課(084―928―1127)。

 梅毒患者は全国的に増加しており、国立感染症研究所によると、昨年1年間の患者数は6923人(暫定値)と1970年以来の6千人超えとなった。

(2019年02月07日 11時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ