山陽新聞デジタル|さんデジ

吉備国大シャルム吉田 夢への一歩 INAC神戸入団 なでしこ目指す

INAC神戸への入団が決まった吉田凪沙
INAC神戸への入団が決まった吉田凪沙
豊富な運動量と献身的なプレーが持ち味
豊富な運動量と献身的なプレーが持ち味
 今季からサッカー女子・なでしこリーグ1部のINAC神戸に入団する。「絶対に自分のプラスになる、そう思って挑戦を決めた」とチャレンジリーグ・吉備国大シャルムのMF吉田凪沙(なぎさ)=22歳。国内屈指の強豪で成長を遂げ、日本代表「なでしこジャパン」の夢を追う。

 徳島市出身の元U―20(20歳以下)日本代表は豊富な運動量と献身的なプレーが魅力だ。大学では1年時から主力で活躍し、「チームの『ひたむきさ』を象徴する存在」と吉備国大の太田真司監督。身長166センチと体格に恵まれ、球際に強く、キープ力にも優れ、昨年の福井国体では岡山の準優勝に貢献した。兵庫・日ノ本学園高で全国高校総体、全日本高校選手権の2冠を達成し、鳴り物入りでシャルムに加入してから4年。「さまざまな戦術を学び、サッカーの幅が広がった」と吉田は振り返る。

 一方で悔いもある。「主将、一選手としてゲームの中で悪い流れを断ち切れなかった」。なでしこリーグ2部から降格し主将も務めた昨季、1年でのなでしこ復帰はかなわなかった。技術面もさることながら、元日本代表で神戸でもプレーした澤穂希さんのような「不利な状況を楽しめる」精神力を養うことも今後のテーマという。

 複数のクラブからオファーがあった中で、「より高いレベルで自分を磨きたい」と昨季リーグ2位の神戸を選んだ。DF鮫島彩、MF中島依美、FW岩渕真奈ら日本代表メンバーが名を連ねる新天地。「ピッチに立つ姿を早く岡山のサポーターに見せられるよう、チームの核としてゲームをつくれる選手になる」。“なでしこ”への第一歩となるレギュラーの座をつかみ、温かい声援を送り続けてくれた高梁の人たちの期待に応える。

(2019年02月06日 02時35分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ