山陽新聞デジタル|さんデジ

津山に新「B’z」スポット誕生 稲葉さんアイテムのコーナーも

稲葉さんの関連アイテムを提供した地元ファンから説明を受けるB'zファン
稲葉さんの関連アイテムを提供した地元ファンから説明を受けるB'zファン
津山市城東地区にオープンした「津山チェンチサロン&178津山ファンクラブルーム」
津山市城東地区にオープンした「津山チェンチサロン&178津山ファンクラブルーム」
 希少な最高級イタリアワインや和のアフタヌーンティーを提供し、人気ロックバンド「B'z」のボーカルで津山市出身の稲葉浩志さんの写真や映像を集めたスポットが3日、城東地区に誕生した。海外富裕層や県内外のB'zファンを呼び込み、津山の魅力を発信する。

 オープンしたのは「津山チェンチサロン&178津山ファンクラブルーム」。津山のまちづくりに貢献しようと、昨年3月に発足した津山街デザイン創造研究所が、本部を置く上之町の古い町家(木造平屋約60平方メートル)を地元の木材や作家の作品を使って改装した。

 イタリアを代表する最高級スパークリングワインで、生産、輸出量が少なく、国内で飲めるのは東京、札幌の高級レストランなどわずかという「フランチャコルタ・チェンチ」を置き、グラス1杯1500円(県産果物付き)で提供する。抹茶とのカクテル(1500円)も用意する。

 アフタヌーンティーは、茶道家元らに納める宇治茶の老舗「松田桃香園」(京都市)が考案。同園の煎茶、ほうじ茶、抹茶と稲葉さんの兄が経営する「くらや」の菓子をセット(同)で楽しめる。同店のワッフルと地元の人気コーヒーのセット(550円)もある。

 稲葉さん関連アイテムは、実家や地元の友人、長年のファンらが提供した写真や雑誌の切り抜きなど約千点。高校時代のバンド映像やファンクラブの会報第1号、歴史の勉強で元号などを何度も書き記したちらしの裏といった“お宝”もある。3日は早速県内外のファンが訪れ、「貴重な品ばかり」「ずっと見ていたい」と話した。

 同研究所は、津山高出身の会社役員山本昇さん(60)=京都市=が開設。店主の福原博美さん(51)は「津山の歴史や伝統に新たな魅力を加える場。訪日客や全国のB'zファンをもてなすとともに地元の人もつなげ、津山を盛り上げたい」と話している。

 午前11時~午後4時と同7時~11時。水曜定休(不定休有り)。

(2019年02月04日 09時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ