山陽新聞デジタル|さんデジ

「せいめい」完成記念でシンポ 浅口で23日、特徴や観測を解説

口径3.8メートルの「せいめい望遠鏡」
口径3.8メートルの「せいめい望遠鏡」
浅口・竹林寺山に設けられた京都大付属岡山天文台
浅口・竹林寺山に設けられた京都大付属岡山天文台
 アジア最大級の口径3.8メートル光学赤外線反射望遠鏡「せいめい」を備えた京都大付属岡山天文台(浅口市鴨方町本庄)の完成を記念し、浅口市中央公民館(同市鴨方町鴨方)で23日、「美宙(びっちゅう)の星空を巡るシンポジウム~岡山県備中地域の天文と観光を考える」が開かれる。

 備中地域は気象条件などから天体観測の適地として知られ、天文台やプラネタリウムといった関連施設が点在する。シンポは、星空と施設を観光資源として活用する方策を探ろうと、岡山県備中県民局が企画した。

 京都大大学院宇宙物理学教室の野上大作准教授が、国内初の分割鏡方式を採用したせいめい望遠鏡の特徴や観測目標などについて解説。パネルディスカッションでは、野上准教授、倉敷科学センター(倉敷市)の三島和久学芸員、岡山天文博物館(浅口市)の粟野諭美館長ら5人がパネリストとして、活用法などをテーマに意見交換する。

 午後1時~3時半。参加無料で定員先着200人。はがきに住所、氏名、電話番号など明記し、〒710―0824、倉敷市白楽町589の1、山陽新聞倉敷本社内「美宙の星空を巡るシンポジウム」事務局へ申し込む。メール(tenmon@sanyonews.jp)、ファクス(086―430―0026)でも受け付ける。

 問い合わせは同事務局(086―421―5748、平日日中のみ)。

(2019年02月04日 07時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ