山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁・城南高デザイン科卒業展 ポスターや立体作品

ポスターなどデザイン科3年生が手掛けた作品が並ぶ会場
ポスターなどデザイン科3年生が手掛けた作品が並ぶ会場
 城南高(高梁市原田北町)デザイン科3年生の卒業制作展が同所の市文化交流館で開かれている。3年間の学びの成果をポスターや立体作品などで発表しており、来場者は生徒たちの集大成となる力作に感心しながら見入っている。20日まで。

 28人が昨年4月に各自でテーマを決めて制作した約200点を展示。2本の岩がそびえる景勝地「夫婦岩」や夏の花火大会といった成羽町地域の名所や名物行事を紹介した5枚組ポスター、店舗の改装案を示した設計デザインや住宅模型など多彩な作品が並ぶ。

 学校の保健室や相談室に飾れる癒やしの絵をテーマに大小計14枚のアクリル画を手掛けたのは土田裕佳さん(18)。森の中を歩く男の子や紙飛行機に乗った女の子などを明るいタッチで仕上げ「見るだけで心が和み、ほっとするように、先生と相談しながら何度も考えた。満足がいく作品が仕上がってうれしい」と話していた。

 会場では、1、2年生計65人が授業で取り組んだポスターやデザイン画なども展示している。午前9時~午後5時(20日は午後3時まで)。入場無料。

(2019年01月18日 09時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ