山陽新聞デジタル|さんデジ

JFE西日本野球部が必勝祈願 倉敷・厄神社で「日本一目指す」

厄神社で必勝祈願するJFE西日本硬式野球部の選手ら
厄神社で必勝祈願するJFE西日本硬式野球部の選手ら
 昨年11月の社会人野球日本選手権で準優勝したJFE西日本硬式野球部(倉敷、福山市)は10日、倉敷市連島町西之浦の厄神社で、今シーズンのさらなる飛躍へ向けて必勝祈願した。

 選手ら31人が参列。同神社の岡部智仁宮司の祈とうの後、山下敬之監督らが玉串をささげた。

 同野球部は昨年の日本選手権では準優勝したが、夏の都市対抗野球は予選で敗退。今年は新人7人が加わり、都市対抗への出場や日本選手権の優勝を目標に3月からの公式戦に臨む。

 山下監督は「身の引き締まる思い。新たな気持ちで出発したい」と話し、橋本拓也主将は「けがなくプレーできることを願った。持ち前の守備力で今年こそ日本一を目指す」と意気込んでいる。

(2019年01月10日 10時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ