山陽新聞デジタル|さんデジ

年末寒波、大雪注意 岡山県北でも 帰省の足に影響懸念

 気象庁は27日、冬型の気圧配置が年末の30日ごろにかけて強まるとして、北海道や東北の日本海側と北陸を中心に猛吹雪や大雪に警戒するよう呼び掛けた。西日本(近畿―九州)の山地でも積雪が予想され、「交通機関は早期の備えが必要」としている。年末の帰省ラッシュへの影響も懸念される。

 気象庁によると、オホーツク海に発達した低気圧があり、今後さらに発達する見込み。日本の上空約1500メートルにはこの冬一番の強い寒気が流れ込むという。北海道や東北では、27日朝までの24時間で20センチを超える雪が降った所があった。

 北海道の日本海側は27日朝に、東北の日本海側と北陸は28日にかけて猛吹雪となる所がある。30日ごろにかけては大雪になると予想している。

 28日朝までの24時間予想降雪量はいずれも多い所で、北陸80センチ、東北と関東甲信60センチ、北海道と東海50センチ。その後の24時間で、東北と関東甲信、北陸は60~80センチ、北海道、東海、近畿、中国地方は30~50センチの降雪が予想される。29日以降も降雪は続く。

 岡山県内でも、30日ごろまではこの冬一番の冷え込みになり、28、29日は北部を中心に雪の予報となっている。28日朝まで24時間の降雪量は多い所で15センチ、29日朝までにはさらに20~40センチが予想され、大雪となる恐れがある。岡山地方気象台は「路面の凍結が考えられ、車の運転などには注意してほしい」と呼び掛けている。

(2018年12月27日 03時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ