山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ、今季最後の全体練習 J参入10年目を締めくくる

ミニゲームを行うファジアーノ岡山の沢口雅彦(右)ら=政田サッカー場
ミニゲームを行うファジアーノ岡山の沢口雅彦(右)ら=政田サッカー場
 J2ファジアーノ岡山は6日、岡山市の政田サッカー場で今季最後の全体練習を行い、J参入10年目のシーズンを締めくくった。

 毎年恒例となっている「ファジカップ」と題したミニゲーム大会を実施。4チームに分かれた選手とコーチは楽しみながらプレーし、ゴールが決まるたびに大きな声を出して喜んでいた。最後は見学した約100人と記念写真に納まった。

 在籍10年のチーム最古参で、今季限りで退団するMF沢口は多くのサポーターにねぎらわれ「本当につらい時期もあったけど応援が力と支えになってここまでプレーできた」と感謝しつつ、「今は新しいチャレンジができるという意味でわくわくしている」と語った。

 リーグ15位と不本意な成績に終わったファジアーノ。MF上田は「ぎりぎりの試合をものにする力を付けていかないといけない。個人的にはもっとピッチで頼られる存在になりたい」と話した。

 チームは9日に岡山市のシティライトスタジアムであるファン感謝デーで今季の活動を終える。

(2018年12月06日 14時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ